製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録  Facebook  Twitter
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス・特許 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報試薬・材料・消耗品>ReSyn Biosciences社製 精製用磁性微粒子


製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
  
研究検査
サービス別ラインナップ
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
Resyn Biosciences
  
バイオインフォマティクス
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ

ReSyn Biosciences社製 精製用磁性微粒子

Resyn Biosciences社の精製用磁性微粒子の販売を行っています。ReSyn Biosciences社では、独自の技術に基づいた精製用磁性微粒子、MagReSyn®シリーズを製造しています。


The ReSyn Technologyとは? / MagReSyn®の特長 / 製品一覧・価格表 / MagReSyn® NTA
MagReSyn® SAX/MagReSyn® TiO2 / MagReSyn® ZrO2 / MagReSyn® Ti-IMAC
MagReSyn® Amine / MagReSyn® Carboxyl / MagReSyn® Streptavidin
MagReSyn® Streptavidin MAX / MagReSyn® Protein A / MagReSyn® Protein A MAX
MagReSyn® Protein G / MagReSyn® Trypsin / MagReSyn® Chymotrypsin


The ReSyn Technologyとは?
・ReSyn微粒子は、高度な多孔質ポリマーマトリックスからなる。
・高い官能基密度を提供
・ハイスループット処理に対応
・幅広い生体分子の吸着
・官能基は、幅広いアプリケーションのために、簡単に操作可能
・バイオセパレーションや生体分子固定に最適
・これまでにない小型化
蛍光標識タンパク質の浸透度を示す微粒子横断面の共焦点顕微鏡画像。ReSyn微粒子は、代替技術の表面吸着とは対照的に、微粒子の体積全体にわたって、生体分子の浸透が可能になっている。


MagReSyn®の特長

【酸化耐性】
保存期間の安定性が増加
サンプルのコンタミネーションが減少
再現性が向上
チューブ壁面への接着性の低下

【磁気による迅速な微粒子回収】
より速いワークフロー
サンプル回収の改善:微粒子をロスなく簡単に吸引可能
効率アップ


製品一覧・価格表

この製品は、強い金属器キレート化特性を有するニトリロトリ酢酸(NTA)残基から構成されています。Hisタグ付きタンパク質のアフィニティー精製用の製品です。
結合能≧1.0mg.ml-1(His-GFP)
ビーズサイズ:〜5-10μm
形態:25mg.ml-1 suspension in 20% ethanol

クルードE.coliセルライセートから、Hisタグ付きタンパク質を精製
(A)それぞれの製品が推奨するBufferとプロトコルを使用
(B)同一の結合バッファーとウォッシュバッファーを使用
 Lane1: 分子量マーカー
 Lane2: MagReSyn NAT
 Lane3&4: 競合品
(C)MagReSyn NATのバッチ間差を比較
 Lane1: 分子量マーカー
 Lane2: 未精製クルードセルライセート
 Lane3-6: 各Lane異なるバッチのMagResyn NAT

 ⇒データシート(PDF)
 ⇒アプリケーションノート(Denaturing Protein Purification)(PDF)
 ⇒アプリケーションノート(Enhanced Purity)


MagReSyn® SAX
本製品は、磁性高分子微粒子支持体で、タンパク質、ペプチド、酵素、抗体の様な生体分子の捕捉、精製、回収用に設計されています。電荷の差異を利用して、分子を吸着します。
本製品は、2次元電気泳動、HPLC、質量分析の様な分析方法の前の、生物学的混合物(血清、血漿、尿、CSF、細胞溶解物、培養上清など)の分画に適しています。



結合能:>20mg.ml-1(BSA)
ビーズサイズ:〜5-10μm
形態:20mg.ml-1 suspension in 20% ethanol

データシート(PDF)

 MagReSyn® TiO2
本製品は、タンパク質消化物などの複雑な生物学的サンプルから、ホスホペプチドの非常に特異性が高く再現性のある濃縮を可能にします。二酸化チタン濃縮は、ホスホセリン(pSer)、ホスホトレオニン(pThr)およびホスホチロシン(pTyr)残基に対する選択的親和性を示します。MagReSyn® ZrO2やMagReSyn® Ti-IMACと組み合わせて使用することで、包括的なホスホプロテオミクス解析のための多様なホスホペプチドを濃縮することができます。



結合能: >10μg phosphopeptide per mg support
ビーズサイズ: 5-10μm average
形態: 25mg.ml-1 suspension in 20% ethanol


データシート(PDF)
アプリケーションノート(PDF)

リン酸化ペプチドの回収率と結合特異性の比較
 緑: MagReSyn TiO2
 オレンジ: 競合品
32Pをラベルしたトリプシン消化物を使用して、リン酸化ペプチドの濃縮の程度を評価した。溶離した溶液をnanoLC/MS/MSで分析し、ペプチドを同定し、非特異的結合の程度を評価した。

MagReSyn® ZrO2


MagReSyn® ZrO2は、タンパク質消化物などの複雑な生物学的サンプルからのホスホペプチドの高度に特異的で再現性のある濃縮を可能にします。MagReSyn® ZrO2は、単独でまたは、MagReSyn® TiO2やMagResyn Ti-IMACと組み合わせて使用して、包括的なホスホプロテオミクス解析のための多様なタイプのホスホペプチドを濃縮することができます。

結合能: >10μg phosphopeptide per mg support
ビーズサイズ: 5-10μm average
形態: 50mg.ml-1 suspension in 20% ethanol

データシート(PDF)


MagReSyn® Ti-IMAC

MagReSyn® Ti-IMACは、Ti4+キレート化のためにホスホネート基で活性化される柔軟なリンカー(立体障害を減少させる)を有します。複雑な生物学的サンプルあるいはタンパク質消化物からのホスホペプチドの極めて特異的で再現性のある濃縮が可能になります。MagReSyn® Ti-IMACやMagReSyn® ZrO2と組み合わせて使用して、ホスホプロテオームのカバレッジを増加させることができます。

結合能: >10μg phosphopeptide per mg support
ビーズサイズ: 5-10μm average
形態: 20mg.ml-1 suspension in 20% ethanol

データシート(PDF)
チタンキレート化プロトコール(PDF)


MagReSyn® Amine

本製品は、イオンの相互作用によって生体分子を物理的に吸着するために使用できます。微粒子の化学活性化を通して、生物学的リガンドの共有結合を様々な化学カップリング剤で行うために設計されています。

結合能: >20mg.ml-1(BSA)
ビーズサイズ: 5-10μm average
形態: 20mg.ml-1 suspension in 20% ethanol

データシート(PDF)


 MagReSyn® Carboxyl
MagReSyn® Carboxylは、carbodiimide-succinimidyl esterの活性化およびそれに続くアミド結合の形成を介して、第一級アミンを含むリガンドを共有結合的に固定化するために設計されています。



結合能: >20mg.ml-1(BSA)
ビーズサイズ: 5-10μm
形態: 20mg.ml-1 suspension in 20% ethanol

データシート(PDF)

MagReSyn® Streptavidin


MagReSyn® Streptavidin は、共有結合したストレプトアビジンを含んでいます。タンパク質の固定や精製、核酸の捕捉アッセイ、一本鎖DNAテンプレートの調整などに使用可能です。

結合能(DNA): 30,000 pmoles.ml-1(Biotinylated oligo, 25-mer)
結合能(Protein): >3mg.ml-1(Biotinylated IgG)
ビーズサイズ: 5-10μm average
形態: 10mg.ml-1 suspension in sodium phosphate buffer

データシート(PDF)


MagReSyn® Streptavidin MAX

MagReSyn® Streptavidin MAX は、ビオチン化分子の最大の結合が必要なカスタムアプリケーション用に設計されています。

結合能(DNA): >120,000pmoles.ml-1(Biotinylated oligo, 25-mer)
結合能(Protein): >6mg.ml-1(Biotinylated IgG)
ビーズサイズ: 〜5-10μm
形態: 10mg.ml-1 suspension in sodium phosphate buffer


データシート(PDF)


MagReSyn® Protein A
MagReSyn® Protein A は、血清試料から95%以上の純度でIgGをシングルステップで精製することができます。



結合能: 2.4mg.ml-1(Rabbit IgG)
ビーズサイズ: 〜5-10μm
形態: 15mg.ml-1 suspension in Tris buffer

データシート(PDF)

 MagReSyn® Protein A MAX
MagReSyn® Protein A MAX は、最大の抗体結合を必要とするカスタムアプリケーションのために、特別に設計されています。

結合能: ≧4.8mg.ml-1(Rabbit IgG)
ビーズサイズ: 〜5-10μm
形態: 15mg.ml-1 suspension in Tris buffer

データシート(PDF)

MagReSyn® Protein G

MagReSyn® Protein G は、生物学的サンプルから様々な免疫グロブリンの特異的な捕捉のために簡単でかつ便利な方法を提供します。シングルステップで血清サンプルから95%以上でIgGの精製を可能にします。



結合能: ≧2.4mg.ml-1(Rabbit IgG)
ビーズサイズ: 〜5-10μm
形態: 15mg.ml-1 suspension in Tris buffer

データシート(PDF)

MagReSyn® Trypsin
MagReSyn® Trypsin は、質量分析の解析前のタンパク質消化のために、固定化されたシークエンスグレードのトリプシンから構成されています。磁気的に固定化されたトリプシンは変性に対して安定であり、トリプシン自己消化を伴う尿素やSDSが存在している変性条件下でも限定的に機能は維持されます。



消化率: 20μl(300μg) microspheres per 50μg protein sample
ビーズサイズ: 〜5-10μm
形態: 15mg.ml-1 suspension in 50mM acetic acid

データシート(PDF)
アプリケーションノート
 (Enhanced Sequence Coverage)(PDF)

アプリケーションノート
 (Digestion Under Denaturing Conditions)(PDF)

MagReSyn® Chymotrypsin

MagReSyn® Chymotrypsin は、質量分析の解析前のタンパク質消化のために、固定化されたシークエンスグレードのキモトリプシンから構成されています。

消化率: 20μl(200μg) microspheres per 50μg protein sample
ビーズサイズ: 〜5-10μm
形態: 10mg.ml-1 suspension in 50mM acetic acid

データシート(PDF)

お問い合わせ biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 www.filgen.jp
Copyright (C) 2004-2017 Filgen, Inc. All Rights Reserved.