製品情報・受託サービス情報
What's New! 製品・サービス情報 ダウンロード e-mail_news登録   
会社情報
概要 ミッション アクセス リクルート 連絡先 ビジネスパートナー ライセンス 個人情報保護方針
Home製品・サービス情報受託サービス質量分析>メタボローム解析サービス

製品・サービス情報
  
受託サービス
サービス別ラインナップ
・質量分析
+ Biognosys AG社 次世代プロテオーム解析サービス
+ iTRAQ®タンパク質発現・相対定量解析
+ iTRAQ®リン酸化部位同定・相対定量解析
+ iTRAQ®/TMTプロテオーム解析
+ SILACタンパク質発現・相対定量解析
+ Label Free タンパク質発現・相対定量解析
+ 免疫沈降(IP)プロファイリング
+ SRM/MRM タンパク質定量解析
+ タンパク質翻訳後修飾プロファイリング
+ タンパク質リン酸化部位同定プロファイリング
+ タンパク質同定プロファイリング
+ タンパク質同定解析
+ タンパク質配列マッピング解析
+ タンパク質質量測定解析
+ PTM-Plus(翻訳後修飾)解析
+ Glyco-Screen 解析
Glyco-Screen Plus 解析
+ ペプチドミクス解析
- メタボローム解析
概要・価格
実験の流れ
サンプルのご準備
メタボローム解析サービス依頼書
+ MassARRAY®解析
(SNPジェノタイピング/変異解析/DNAメチレーション解析)
+ データマイニング
  
科学機器
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
試薬・材料・消耗品
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ
  
バイオインフォマティクス
ソフトウェア
製品別ラインナップ
メーカー別ラインナップ

質量分析サービス
メタボローム解析サービス
フィルジェンでは、Creative Proteomics社(アメリカ)と業務提携し、メタボローム解析サービスをご提供致しております。Creative Proteomics社は、最新かつ最高水準のテクノロジーであるハイスループットなGC-MSシステムとUPLC結合型精密多量QTOFを駆使し、様々な生物由来試料の既知・未知全ての代謝物質を分析します。分子量50-1,700Daの分子群を対象に1-2ppmの正確な識別が可能です。お客様の目的に合わせて、興味のある化合物の種類やサンプルに合わせた解析方法を提案し、代謝物質の物理的性質に合わせた抽出及び分離プロトコルを用いて、解析を行います。
概要・価格 / 実験の流れ / サンプルのご準備 / メタボローム解析サービス依頼書(PDF)


【概要・価格】

GC-MS System
UPLC-QTOF/MS System

メタボローム解析とは?

 現在まで、細胞もしくは組織レベルでの生命現象に対して、分子生物学的な理解を得るために、網羅的な変化変動状態を把握する手法が数多く採られてきました。ゲノム配列そのものを比較するDNA解析や、遺伝子発現を解析するトランスクリプトーム、タンパク質発現を解析するプロテオームなどがその主力をなし、その膨大な情報から、生命活動への理解をより深めてきました。一方で、糖や有機酸、アミノ酸や核酸、そして脂肪といった数多くの低分子の存在状態は、遺伝子発現やタンパク質発現と非常に密接に関係していると考えられており、それらと連動すると考えられる「代謝産物」の情報を得ることができれば、より深い理解が可能となります。これらの一連の低分子を網羅的に解析する手法は、「メタボローム」と呼ばれ、現在、非常に注目を集めています。
 近年、これら低分子を測定できる分析機器の性能は、飛躍的に向上し、様々な物質を一斉に解析することが可能となりました。さらに、これらの情報の蓄積は、データ解析において、非常に大きな力をもたらす様になりました。今後、ゲノム解析からメタボローム解析を行うことなどにより、さらに包括的に生命現象を理解することができると期待されています。また、これまでは、網羅的解析により、生物学的特徴を決定付けるDNA配列や遺伝子、タンパク質といったバイオマーカー探索が行われてきましたが、同様に代謝物におけるマーカー物質の決定も重要因子として位置づけられています。さらに、生物以外の食品や薬品などにおける機能分子の探索、また生体内での目的分子の挙動を明らかにしたりと、メタボロームは、今後の無機、有機化学、薬学、生物学的発展に非常に重要な貢献をするものと考えられています。


対応アプリケーション

包括的代謝物
プロファイリング
ターゲット代謝物
プロファイリング
代謝物
フィンガープリンティング
リピドミクス 中心代謝物
プロファイリング
分析プラットフォーム LC-QTOF/MS
GC-MS
(注釈付き分子、
既知分子、
未知分子を含む)
LC-QTOF/MS
GC-MS
(注釈付き分子、
既知分子を含む)
LC-QTOF/MS
(スキャン対象分子、
一部注釈付き分子を含む)
LC-QTOF/MS
(注釈付き分子、
未知分子を含む)
LC-QTOF/MS
定量方法 相対的定量
追加で絶対定量可
相対的定量
追加で絶対定量可
相対的定量 相対的定量
追加で絶対定量可
相対的定量
追加で絶対定量可
解糖、PPP、TCA、
尿素サイクル、プリン
-
アミノ酸 - -
他の化合物
(ピリミジン類、ケトン類、
酸化還元等価物、
ポリアミン、ジペプチド、
トリペプチド、糖、
糖アルコール)
-
既知、未知化合物 - -
未知化合物 - - -
脂肪、脂肪酸、リン脂質、
ステロイド、アシル-CoAs、
ポリフェノールなど
部分的 部分的 部分的 -
統計解析
(t-test, PCA, HCなど)
パスウェイマップ
(オプション)
 *包括的代謝物プロファイリングとリピドミクスを組み合わせることも可能です。

包括的代謝物プロファイリング
構造が既知または未知の化合物の検出が可能です。生物由来サンプルについて、標的分子を絞らず、得られた全てのピークを利用します。これは、生物学的サンプル間の代謝変化に新たに洞察を与えることができ、最終的にはバイオマーカーの同定につながったり、表現型の根底にある機序を明らかにできる可能性があります。包括的な代謝物プロファイリングもグローバルな代謝物プロファイリングと呼ぶことができます。識別できる既知の物質(およそ30%)及び未知の代謝物質(70%)の情報を提供します。

ターゲット代謝物プロファイリング
既知の代謝産物グループに対して、検出を行います。この解析は、特定の代謝物のサブセットまたは保持しているデータベースに存在するすべての既知の化合物になります。下記の異なる化学的分離、脂質、極性または芳香族化合物を優先的に検出できる様に、代謝物プロファイリングプロトコルを調整して、解析を行います。ライブラリーには、約30,000種類もの代謝物が保持されています。
(ターゲット)
 Vitamins, Amino acids, Acyl-Camitines, Carotenoids, Organic acids, Alkaloids, Flavonoids, Sugars, Glucosinolates, Fatty acids

代謝物フィンガープリンティング
代謝物フィンガープリントは、サンプルセットを迅速に区別することができます。この技術は、代謝の違いを調べ、サンプルセットの大規模スクリーニングに使用できます。識別されたパターンまたはクラスターは、さらに、例えば興味深いサンプルのサブセットを有するプロファイリングプラットフォームを使用して、次の工程に特徴づけることができます。基本的に同様な情報を持つ多量検体の解析に有用です。欠点としては、例えばロイシンとイソロイシン、クエン酸やイソクエン酸、グルコース/フルクトース/ガラクトースを区別できないことですが、これはそれほど劇的なことではなく、そのうちの1つが影響を受ければ、同じ経路に存在するため、同定することができます。

リピドミクス
リピドミクスでは、サンプル中の脂質組成を対象としたターゲット代謝物プロファイリングです。スフィンゴ脂質、脂肪酸からグリセロリン脂質まで広範囲の脂質化合物を検出します。同定された脂質について、サンプル間の変動を可視化したデータを提供します。
*現在、アシル基や不飽和結合の位置を決定することはできません。MS/MSによるアシル部分の鎖状での正確な位置決定は可能です。また、CoAエステルや(神経)ステロイドの分析もできます。

中心代謝物プロファイリング
ヌクレオチド(例えば、ATP/ADP)や還元等価(例えば、NADH、NADPH)、TCAサイクルや解糖系関連分子、ペントースリン酸や23種のアミノ酸といったエネルギー代謝に関与する52の化合物について相対定量を行います。
追加オプションで、絶対的定量も行います。


メタボローム解析を利用した解析例


■健康と栄養学
トランスレーショナルリサーチ
細胞モデルから、生化学的レベルでの疾患を理解するために、遺伝子同定とその機能について、メタボロミクスは、新たな洞察を提供し、人体へ適用した結果を変換するためのモデルを開発しています。これにより、さらに適切な薬の提供ができる様になるでしょう。
医薬開発
開発段階を通じて、その目的分子は、多くのテストを受けることになりますが、その代謝物のプロファイリングは大抵テストには含まれていません。これにより、いくつかの望ましくない副作用が後期臨床試験で認められています。これを回避するために、メタボロミクスは、新医薬品候補選出や早期臨床試験において適用できます。開発の初期段階での未知の副作用とそのメカニズムについての重要な情報が追加されます。
診断
非標的で行うメタボロミクスは、早期診断や増殖段階のための疾患バイオマーカーの同定をもたらします。これは、病気の予防や診断のための新規かつ簡単に適用可能なツールの開発を容易にします。
栄養
食事、運動などの環境要因の影響について、総合的メタボロミクスを用いた研究がなされています。代謝物は、生物とその細胞の物理的及び生化学的状態に直接的なフィードバックを与えます。これらの要因の影響を理解することは、健康的な生活リードできるより良い製品開発のための新しいターゲットを見つける研究と産業を支援します。
個人医療
すべての人間は、DNA配列をはじめ、それぞれ異なった特徴があります。より速く代謝又は排泄に起因する医薬品の調整後の投与量を決定する必要があるとき、場合によって、薬は患者全体ではなく特定のグループにのみ作用してしまいます。正しく患者を分類するために、メタボローム解析は最適なツールです。それにより、適した薬剤を適した人に適した容量で提供することができる様になります。

■生物工学
化合物とその同定
高度なバイオインフォマティクスツールと高解像度メタボロームプラットフォームの組み合わせにより、何百もの既知及び未知の代謝物が同定可能となり、さらに、高い質量精度と構造予測ソフトウェアを使用することで、未知化合物を非常に正確に特定することもできます。この研究では、多変量解析により、細胞の生産性や成長に強くリンクされる未知化合物を明らかにしました。正確な質量測定により導き出された3つの候補分子から、発酵に影響を与えた正体不明の化合物として、ヘキサノイル-ホモセリンラクトンを検証しました。この物質は、自分と同種の菌の生息密度を感知して、それに応じて物質の産生をコントロールする機構である「クオラムセンシング」に非常に重要な役割を果たし、細胞分裂ステージへの移行を負に制御し、細胞成長をストップすることが分かりました。
クリックして拡大表示
細胞培養技術工学
細菌・細胞の最適な培養・栽培と発酵条件は、多くのパラメーターに依存します。発酵は、特に大きなバッチ及び反応体積で行われ、工業上は、高い収率を得るために最適化されたプロセスを必要とします。最近の事例では、培地及び細菌細胞の代謝産物分析において、経時的に複合培地における栄養A(緑線)の実質的な減少を明らかにし、さらに製品の収率が低くなることがわかりました(左図の赤線)。よって栄養A(緑線)を添加することで、最小限の投資で目的の生産量を上げることができました。(右図)
クリックして拡大表示

■食物と農業
育種
現代の栽培作物のほとんどは、それらの祖先や関連する野生種と比較して、利用可能な遺伝的変異を制限しています。味又は耐病性といった、現代の種の特性を改善するために、これらの野生種は、遺伝資源として一般に使用されます。代謝物プロファイリングを用い、十字のラインを生じさせる1セットの野生トマトの代謝物質特性の識別を解析しました。この結果、2つの独立した収穫安定のための代謝物質特性(QTL)用の880以上の遺伝領域の識別に帰着しました。代謝物質の多くは栄養上及び農学上、器官感覚受容性の重要性を示し、代謝物プロファイリングはいくつかの代謝物質を増加させる原因となる遺伝領域を明らかにしました。
風味のプロファイリング
マンゴー風味及び成熟とのその相関性を理解するために、未熟なマンゴーの成熟に寄与する風味成分発見のため、「Flavorur Profiler」で解析しました。この研究の最終ゴールは、成熟のための、またその様な風味としての単純な試験表示を開発するためにマンゴーの皮の上からでも測定可能な代謝物質を定義することです。「Flavorur Profiler」プラットフォームは、数学モデリングから、味及び代謝プロフィールに対して、成熟を深める指標として使用されました。その結果、主として、砂糖と砂糖の共役が熟したマンゴー風味に寄与し、その一方で有機酸とアミノ酸がやや未熟・不味に関与していることが明らかになりました。
クリックして拡大表示
作物保護
より効果的な除草剤の探索においては、生化学的動態に関する知識を得ることが望まれます。代謝物質のレベルを調べることは、診断のアプローチとして有効であることが論証されつつあります。除草剤処理を行えば、その標的分子の大きな変動を捉えることができ、それ自体が効果の同定へとつながります。異なる除草剤はそれら自体の生化学的動態によってグループ化されており、既知の生化学的動態を示す場合は、例え新しい化合物があっても、通常の効果テストの一部、もしくは全てを置き換えて判断することができるため、非常に効率的です。これまでは、既知の生化学的動態にしか分類できなかったことが、代謝物プロファイリングによって、最も劇的に変化した代謝物に続く新しい合成物の標的部位を明らかにできる可能性があります。
クリックした拡大表示


価格

サービス名 税別価格 納期
(目安)
オプション
(同時解析)
Cat.#
包括的代謝物
プロファイリングサービス
お問い合わせ 10週間程度 - F-MD-CMP-(サンプル数)
ターゲット代謝物
プロファイリングサービス
お問い合わせ 8週間程度 - F-MD-TMP-(サンプル数)
代謝物フィンガー
プリンティングサービス
お問い合わせ 6週間程度 - F-MD-MF-(サンプル数)
リピドミクスサービス お問い合わせ 8週間程度 - F-MD-LP-(サンプル数)
包括的代謝物
プロファイリングサービス
+リピドミクスサービス
お問い合わせ 10週間程度 - F-MD-CMPLP-(サンプル数)
中心代謝物
プロファイリングサービス
お問い合わせ 8週間程度 絶対定量解析:お問い合わせ F-MD-CM-(サンプル数)
QTOF-MS/MSによる
分子同定サービス
お問い合わせ お問い合わせ - F-MD-CI-(サンプル数)
NMRによる
分子同定サービス
お問い合わせ お問い合わせ - F-MD-NMR-(サンプル数)
 *お急ぎの場合は、追加料金で特急対応も可能です。その場合はお問い合わせ下さい。
 *お申し込み方法
  価格や納期は、サンプル数、解析の目的や内容、納品データによって変わります。
  ご希望の解析目的や内容、納品データについて、「メタボローム受託解析依頼書」にご記入の上、
  一度弊社までお問い合わせ下さい。
  それに合わせて、価格や納期をご提示させて頂きます。


お問い合わせ biosupport@filgen.jp P.052-624-4388 www.filgen.jp
Copyright (C) 2004-2018 Filgen, Inc. All Rights Reserved.